SAMPLE SITE

CORPORATE INFORMARION
会社案内

昭和31年、食肉小売業を目的として樋口精肉店がスタート。 以来、自社製品の開発販売、飛騨牛の特約店獲得、食品衛生厚生大臣賞受賞など、質的、量的に拡大してまいりました。 今日では、国内の枝肉の第一次加工を軸とする、総合食肉商社として、学校給食、社内食堂、病院への販売はもとより、大手ハムメーカーや商社を通じ、量販店、外食産業への供給。また、ハム、ソーセージ、冷凍食品などの加工食品肉原料とし て、日本全国の加工業者にご利用頂いています。

営業品目主な受賞暦
  • 牛肉、豚肉、鶏肉、食肉全般
  • ハム,ソーセージ、その他食肉加工品全般
  • ハム,ソーセージ、その他の加工原料の製造販売
  • 各種冷凍品全般、輸入肉全般、食肉に付帯する食品全般、惣菜等の販売
  • 昭和49年 日本食肉衛生協会長賞受賞
  • 昭和51年 厚生大臣賞受賞
  • 昭和57年 岐阜県食品衛生協会長賞受賞
  • 昭和62年 岐阜県知事賞受賞
  • 昭和62年 全国食肉環境衛生同業組合連合会長賞受賞
  • 平成02年 全国食肉環境衛生同業組合中央会長賞受賞
  • 平成12年 郵政省「ふるさと小包」優良生産者賞受賞
  • 平成21年 厚生大臣賞受賞
  • 平成23年 楽天市場EXPO賞2011受賞

SHOP INFORMATION
営業案内

肉のひぐちは食肉加エメーカー直営の小売店として木、金、土曜日に限り、より新鮮で格安に販売するシステムをとっています。 飛騨牛指定店獲得以来、選ばれた飛騨牛をメインとした精肉をはじめ、ハム、ソーセージなど、食肉加工品一式を、また、香辛料、調味料及び食肉関連食品一式を販売しご好評頂いています。

WEB SHOP
ネットショップ

肉のひぐちでは、平成13年に楽天に出店し、その後、Amazon、ぐるなび食市場とネットショップを構えております。
全国のお客様に「安心」「安全」を第一に 精肉、加工品、惣菜等をプロの目から吟味し生産から直売までしっかりとした工程を確立しました。今後とも全国のユーザー様に「安心」「安全」をお届けします。

楽天市場
amazon
Yahoo!
Wowma!
ポンパレ

COMPANY OVERVIEW
会社概要

会社名 ネオプライムヒグチ
屋号 肉のひぐち
代表者 樋口秀行
資本金 1500万円
所在地 〒509-0214
岐阜県可児市広見1236-1
(0574)62-1298
(0574)62-1283(FAX)
創業 昭和31年11月
設立 昭和41年6月
関連会社 有限会社樋口商事
支店
(ネットショップ)
楽天市場 飛騨牛肉のひぐち
amazon 肉のひぐち
ポンパレモール 肉のひぐち
Wowma! 肉のひぐち
ヤフーショッピング 肉のひぐち
従業員数 52名
本社敷地 1640坪
本社建物 本社製造工場403坪
第二加工工場150坪(2002.1完成)+80坪(2017.7完成)
事業内容 食肉に付帯する一切の業務。通販事業。
国内の枝肉(飛騨牛、国産豚肉)の第一次加工を軸とするメーカーおよび総合食肉商杜として
学校給食、産業給食への販売。末端への小売販売。
飛騨牛を中心としたギフトの販売。工場では大貫枝を主流とした加工精肉を
大手商社、ハム、加工品メーカーを通じ、ハム加工原料や量販店、外食産業への供給を行っています。
主な仕入先 JA飛騨ミート、岐阜県畜産公杜、JA岐阜、株式会社ニチレイフレッシュ
伊藤ハムミート販売西株式会社、中日本フード株式会社、株式会社岐阜アグリフーズ
順不同
主な得意先 株式会社ニチレイフレッシュ、JAあいち、中日本フード株式会社、伊藤ハムミート販売西株式会社
株式会社トーカン、飛騨ミート農協連、一般顧客など
順不同
取引金融機関 東濃信用金庫 可児支店   当座 001308
大垣共立銀行 可児支店   当座 005329
十六銀行可児 可児支店   当座 027113
三菱東京UFJ銀行  多治見支店  当座 620086
楽天銀行 ダンス支店 普通 0380358
会社内組織図 ネオプライムヒグチ組織図.PDF

CORPORATE HISTORY
会社沿革

昭和31年11月
食肉小売業を目的として樋ロ精肉店を可児市広見762-2にて開業
昭和40年4月
今渡市場内に出店
昭和40年7月
中部地区初のひぐちの豚肉味噌漬けを開発し中部地区を中心とした販売を開始
昭和41年3月
大型真空機を導入し、ひぐちの味噌漬けの鮮度、日持ちを確立し、東海エリアに進出
昭和41年6月
株式会社樋口精肉店(資本金 1500万円)を設立
昭和42年6月
加工向け食肉を一貫した国産豚製造原料に着手し、会社本体の事業になる
昭和48年1月
本社工場として食肉一貫生産を機動力とした工場を新築
昭和49年3月
飛騨ミート農協連と取引し飛騨牛指定店の認定を受ける
昭和51年8月
食品衛生厚生大臣賞を受け、より一層の衛生管理の充実を図る
昭和56年
銘牛「安福」の登場とともに「飛騨牛」のブランドが登場
昭和56年
飛騨牛銘柄推進協議会より飛騨牛指定店第36号を取得する
昭和59年7月
本社工場を可児市広見1236-1に移転し、総面積3537㎡、建物面積1150㎡の竣工を期して一貫食肉加工ラインの充実と飛騨牛専門小売店を充実させた
平成元年
牛枝肉加工を充実させるため、大型真空機を導入
平成2年11月
食品加工の信頼と充実を図るため高感度金属検出器を導入
平成4年6月
社名を株式会社樋口精肉店より株式会社ネオプライムヒグチに変更、店舗部門の屋号を「肉のひぐち」として同時にスタートする
平成11年8月
郵政省ふるさと小包より優良生産者賞を受賞
平成8年
「飛騨牛」の通販部門の開設
平成12年3月
本社工場に食肉の衛生の充実をはかるためオゾン発生装置を設置し、食肉に対する菌数管理の充実をはかる
平成12年6月
大貫豚枝肉カットラインを設置する
平成13年1月
郵政省年賀はがき東海地区初夢プレゼントに肉のひぐちが出展
平成13年4月
楽天出店  (http://www.rakuten.co.jp/nikunohiguchi/)
平成13年5月
農林水産省生産局長賞を受賞
平成14年1月
株式会社ネオプライムヒグチ加工工場をHACCPに準ずる設備にて新築完成
平成15年8月
通販事業の拡大により通販事業部を設置
平成15年9月
株式会社ネオプライムヒグチ本社製造工場を全面改装し衛生管理の充実をはかる
平成20年
Amazon出店 (http://shop.gnavi.co.jp/nikunohiguchi/
平成21年7月
「飛騨牛 肉のひぐち」店舗を改装し衛生管理、作業効率の充実をはかる
平成21年8月
本社工場に「X線異物検出装置」を導入
平成21年10月
二度目の食品衛生厚生大臣賞を受賞
平成23年5月
プライバシーマーク取得 認定番号:第19000690(01)号
平成23年7月
楽天市場EXPO賞受賞
平成24年10月
ぐるなび食市場出店 (http://shop.gnavi.co.jp/nikunohiguchi/
平成25年
伊勢神宮外宮奉納 (http://www.ise-cci.or.jp/hounouichi/
平成27年7月
業務用食材卸売市場 Mマート出店 (https://www.m-mart.co.jp/sup/top.php?id=neoprime
平成28年2月
ポンパレモール出店 (http://store.ponparemall.com/nikunohiguchi/
平成28年10月
Wowma!出店 (https://wowma.jp/bep/m/kshop?user=38060436
平成29年6月
Yahoo!ショッピング出店 (https://shopping.geocities.jp/nikunohiguchi-yafuu/
平成29年6月
加工場増築工事(7月中旬完成)(HACCP取得に係る設備構築)

QUALITY MANAGEMENT
品質管理

設備の充実
当社では衛生管理品質の向上をはかるために工場内生産ライン設備に努めています。
平成2年より食肉加工原料に対して高感度金属検出機を導入、平成21年にはX線異物検出装置を導入し、
お客様より、より一層の信頼を得ています。
その他、真空包装機、スキンパック包装機により、鮮度や品質が高い商品をお客様のお手元にお届けできます。
安心安全で高品質、鮮度のよりよいものをお届けするため、今後も充実を図ってまいります。
また、各所にアルコール消毒スプレーを設置、エリアごとに消毒マットを設置しております。
スタッフ
・従業員の服装チェック
・手洗い30秒ルール
・健康管理チェック等

雇い入れ時に衛生安全教育を行い、作業を始める前に服装のチェック一覧を確認し、しっかりと服装を整え、
粘着テープやエアシャワー等で埃の付着を防ぎ、決められた手順で手洗いを30秒以上行い作業しています。
使用する長靴、ワークシューズの清掃を行い、清潔を保ちます。
目視による設備管理
・日々行われる設備、備品の校正および点検チェック
・冷蔵、冷凍庫の徹底した温度管理

いくつかのチェック項目をクリアしているか、毎日決められた時間に確認し、一つ一つチェックを行っております。
冷蔵庫、冷凍庫の温度管理や、庫内の整頓の徹底により、適切な状態を保っています。
第三者による衛生チェック
・専門業者による防虫防鼠対策や設備メンテナンス
・厚生労働大臣登録衛生検査機関による定期的な検査を実施

専門の清掃業者による防虫防鼠対策や設備メンテナンス、清掃は、
専門業者との細かなやりとりを行いながら対策、実施しております。
工場設備

FACILITY
設備案内

食肉スライサー 6台
大型冷凍スライサー 3台
冷凍スライサー 3台
大型真空包装機 5台
高感度金属検出機 5台
食肉用冷蔵庫 約90t
食肉用冷凍庫 約110t
X線異物検出装置 1台
スキンパック包装機 2台
ページのトップへ戻る